産経ニュース

日揮社員ら死亡のアルジェリア事件で新たに逮捕状 神奈川県警

ニュース 事件

記事詳細

更新


日揮社員ら死亡のアルジェリア事件で新たに逮捕状 神奈川県警

 プラント建設大手「日揮」(横浜市)の社員ら日本人10人が死亡した2013年のアルジェリア人質事件で、神奈川県警は27日、新谷正法さん=当時(66)=ら3人に対する人質強要処罰法違反(人質殺害)容疑で、イスラム武装勢力の指導者、モフタール・ベルモフタール容疑者(43)=アルジェリア国籍=の逮捕状を取得したと発表した。逮捕状は26日付。今後、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配する。

 新谷さん以外の2人は前川秀海さん=同(60)=と山田隆さん=同(72)。県警によると、3人は同年1月17日、同国の天然ガス施設内でイスラム武装勢力に監禁され、乗用車で移動。その際、同乗していた武装勢力メンバーが「神は偉大なり」と叫んで起爆装置を押し、3人のうち1人の体に巻き付けられていた爆弾が爆発したという。

 同容疑者には既に、日本人犠牲者8人に対する他の同法違反などの容疑でも逮捕状が出されている。

「ニュース」のランキング