産経ニュース

過払い金返金の時効あおるCM 「違反ではないが…」

ニュース 事件

記事詳細

更新


過払い金返金の時効あおるCM 「違反ではないが…」

 「過払い金の返金期限迫る。最高裁で過払い金が認められて来年で10年。10年経つと過払い金は時効で消滅」。最近、こうした広告やCMが目立つ。ただ法律上、最高裁判決から10年を経過しても過払い金すべてが時効になるわけではない。日本司法書士会連合会は「違反はない」との見解だが、幹部からは「紛らわしい表現でグレーゾーンだ」と疑問の声があがる。広告・CMを制作した司法書士法人新宿事務所は「指摘を検討し、誤解が生じる可能性があると判断した。近く差し替える」としている。

 過払い金返還の消滅時効は法律で10年だが、起算点は完済した時点。このため来年1月に最高裁判決から10年を迎えても、すべての過払い金が時効になるわけではない。

 あるベテラン民事裁判官は「事実関係を並べているだけで間違いではないが『最高裁判決』『時効』という言葉が続き、時効について勘違いする人もいるのでは」と疑問視する。

「ニュース」のランキング