産経ニュース

東電旧経営陣ら強制起訴へ 9件目 福島第1原発事故で検察審査会

ニュース 事件

記事詳細

更新


東電旧経営陣ら強制起訴へ 9件目 福島第1原発事故で検察審査会

東京電力の勝俣恒久・元会長、武藤栄・元副社長、武黒一郎・元フェロー(左から)

 東京電力福島第1原発事故の刑事責任をめぐり、東京第5検察審査会(検審)は31日、業務上過失致死傷罪で告発された勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人について、起訴を議決したと発表した。議決は7月17日付。3人は強制的に起訴され、裁判所に指定された弁護士が検察官役を務める公判で刑事責任の有無が判断されることになる。強制起訴は平成21年5月の制度導入以来、9件目。

 起訴を議決されたのは、勝俣元会長のほか、武藤栄(65)と武黒一郎(69)の両元副社長。

 議決は「原発事業者には、発生の可能性の高低にかかわらず、あらゆる危険性に備えた措置を講じておく義務があるが、これを怠った」などとした。

 この問題では、「福島原発告訴団」が24年6月、東電や政府の関係者ら計42人について「津波対策を怠った」として同罪などで告発。東京地検は25年9月、「予見は困難で、刑事責任は問えない」として全員を不起訴とした。検審は26年7月、勝俣元会長ら3人について起訴相当を議決。議決を受けた東京地検の再捜査でも3人は不起訴となり、検審が2回目の審査をしていた。

 

このニュースの写真

  • 東電旧経営陣ら強制起訴へ 9件目 福島第1原発事故で検察審査会

「ニュース」のランキング