産経ニュース

【東京・調布小型機墜落】激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東京・調布小型機墜落】
激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

住宅街に小型機が墜落し、住宅が激しく燃え上がった=26日、東京都調布市(読者提供)

 日曜の閑静な住宅街で、突如激しい爆発音とともに黒煙と猛烈な火の手が上がった。東京都調布市で26日、調布飛行場から飛び立った小型飛行機が墜落し、搭乗員や住民ら3人が死亡、5人が負傷した事故。味の素スタジアムや高速道路インターにも近接する墜落現場では悲鳴が飛び交い、日常の風景として見慣れていた飛行機の事故に、住民の間には不安が広がった。

 「尋常じゃない『ドカーン』という音。女性や子供の悲鳴が聞こえた」。26日午前11時ごろ、小型機が調布市の住宅街に墜落した事故。現場近くに住む村沢貢さん(62)はこう振り返った。

 住民たちは次々と現場に駆けつけ、破損した小型機と、突っ込まれた民家が燃え上がる光景を、茫然(ぼうぜん)とした表情で見つめた。

 複数の住民は、トラックが猛スピードで走り抜けるような轟音(ごうおん)に続いて、爆発音を聞いた。小型機はまず民家の屋根をえぐるように衝突し、別の民家に激突。さらにバウンドするように別の民家に突っ込んだとみられる。離陸直後で、機体に燃料が満載されていたためか、激しい火災が起き、火柱があがった。

 「飛行機から男性がはい出してきた」。福島健一さん(77)は負傷者らを救出した。現場に駆けつけると、小型機から脱出したのか、燃えさかる家の屋根に男性が2人いた。「早く降りろ」。さらに、小型機からはい出てきた50代くらいの男性を抱えて助け出していると、「助けて」という女性の悲鳴が。炎上する室内に人影が見えたが、激しい炎で近づけなかった。

このニュースの写真

  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」
  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」
  • 激しい炎「娘が中に」…轟音と悲鳴交錯 「男性はい出してきた」

「ニュース」のランキング