産経ニュース

【衝撃事件の核心】「写真、ばらまいておくからね」ストーカー警察官のおぞましい実態

ニュース 事件

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「写真、ばらまいておくからね」ストーカー警察官のおぞましい実態

ストーカーの元巡査部長が勤務していた茨城県警水戸署=水戸市三の丸(桐原正道撮影)

 約15年間にわたり同年代の知人女性と不倫関係を持ち、性行為の様子をビデオや写真に記録していた茨城県警水戸署の元巡査部長の男(58)。昨年末、不倫関係が発覚して妻に離婚を言い渡された上、女性からは絶縁を求められた。ストーカー規制法違反などの罪に問われ、公判の中で明らかにされていったその実態は、実に驚くべきものだった。

 今年1月8日午後6時半ごろ、男は絶縁を求められていた不倫相手の女性に、自身の携帯電話からショートメールを打っていた。

 「朝、車の近くに写真、ばらまいておくからね」

 男の職業が警察官だと知っていた女性は驚愕(きょうがく)したに違いない。市民に信頼され、弱きを助けるべき職業の人間が、自分の裸体の写真をばらまくと宣言しているのだ。検察側の論告によると、「女性は強い恐怖に陥り、日々不安を感じながら生活」していたという。

 返信がないことに逆上した男は2月中旬、女性に手紙を郵送する。封筒に入れられた手紙にはさらにおぞましい内容が書かれていた。

 「締まりは良いし、声は出てるし、感じ方も最高の女です」

 弁護側の被告人質問で男は、この手紙の意図について「連絡が取れなくなったので嫌がらせのつもりだった。会って(妻との)離婚調停の話がしたかった」などと弁解したが、こんな内容の手紙を受け取った女性が、男に連絡を取るはずもない。

 当然返信をしない女性に、男の行動はさらにエスカレートする。3月10日朝、男は女性の自宅周辺で女性を見張り始めた。過去の手紙やメールから、危害を加えられることを恐れた女性は同日、県警本部に電話をかける。

 「知り合いの警察官にストーカーされているんです」

 警察本部に激震が走った瞬間だった。男は3月14日、ストーカー規制法違反と脅迫の疑いで逮捕される。

このニュースの写真

  • 「写真、ばらまいておくからね」ストーカー警察官のおぞましい実態
  • 「写真、ばらまいておくからね」ストーカー警察官のおぞましい実態

「ニュース」のランキング