産経ニュース

協会けんぽでも「PC感染」か 不審なサーバーとの通信検知

ニュース 事件

記事詳細

更新


協会けんぽでも「PC感染」か 不審なサーバーとの通信検知

 中小企業などで働く従業員ら約3600万人が加入する公的医療保険「全国健康保険協会(協会けんぽ)」は17日、職員の業務用パソコン計4台から不審な通信が検知されたと発表した。PCがコンピューターウイルスに感染した疑いがある。これまでに個人情報の流出は確認されていないが、PCには健保加入者の個人情報なども保存されており、協会けんぽは警視庁に相談するとともに情報流出がないか調べている。

 協会けんぽによると、不審な通信があったのは本部のPC1台と2支部のPC3台。業務と無関係の不審なサーバーと通信が行われていたことが、16日に判明した。職員は、勤務先を退職するなどして健保の加入資格を失った人をリスト化して医療費返還を求める作業などを行っており、返還を求める相手の個人情報の一部を、内規で定められた暗号化やパスワード設定をせずにPCに保存していた。

 協会けんぽでは17日までに全拠点でインターネットの接続を遮断。このため、事業者による被扶養者資格の確認や、加入者の医療費通知の確認などのネットを利用したサービスの一部が利用できなくなっている。

「ニュース」のランキング