産経ニュース

【北朝鮮拉致】昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…

ニュース 事件

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…

 北海道で昭和40年代前半、14~20歳の若い女性が次々と謎の失踪を遂げた。北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者について調べている「特定失踪者問題調査会」の調べでは、その数は氏名を公開している人だけで5人に上っている。調査会が5月27~29日に北海道南部で実施した現地調査では、そのうちの一人の足取りを調査。政府が認定している拉致被害者との共通点も浮かび上がってきた。

「服地買いに行く」と伝え、そのまま不明に

 かつてニシン漁で栄えた北海道南西部の岩内町。この町から昭和42年4月21日昼、20歳の女性が忽然(こつぜん)と姿を消した。

 行方不明になったのは、家事手伝いの城崎瑛子(えいこ)さん(68)=失踪当時(20)。この日、城崎さんは午前8時か9時ごろ、母親に「服地を買いに町に行ってくる」と言い残し、外出し、そのまま行方不明となった。

 岩内港の防波堤に本人の靴、鞄、服地、ケーキなどが置いてあるのを地元の漁師が発見。付近の海底の捜索が行われたが、城崎さんの姿は見つけられなかった。自殺や自ら姿をくらますような事情は見当たらない、謎の失踪だった。

 調査会は5月29日、城崎さんの足取りを追った。遺留品が残されていた岩内港や城崎さんの実家があった場所、城崎さんが通っていた洋裁教室があった寺などを回り、関係者から話を聞いた。

このニュースの写真

  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…
  • 昭和40年代の北海道に何が? 14~20歳の女性5人が次々に失踪 家出などの動機なく…

「ニュース」のランキング