産経ニュース

【衝撃事件の核心】「始めた理由?いろいろでーす」JKビジネス跋扈 “普通の女子高生”が入り込む理由

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「始めた理由?いろいろでーす」JKビジネス跋扈 “普通の女子高生”が入り込む理由

夜の秋葉原で無防備に立つ少女。周りを大人達が通り過ぎていく 夜の秋葉原で無防備に立つ少女。周りを大人達が通り過ぎていく

 制服を着た女子高生(JK)らに男性向けの親密なサービスを行わせる「JKビジネス」が横行し続けている。業者は取り締まりをかいくぐろうと、あの手この手で新業態を展開している。また最近では働く少女側にも変化がみられ、家庭環境も学校生活も“普通”の女子高生たちが、バイト感覚で応募しているという。「JKブランド」を悪用したい業者、小遣い欲しさの女子高生双方の思惑が絡み合っており、警察当局や関係団体などが危機感を強めている。

あどけない純朴な子も

 「JKカフェでーす」

 甘い声で、店の紹介カードを持った少女がにっこりとほほ笑む。5月初旬の週末、JKビジネスが乱立する東京・秋葉原。ネオンが光る家電街には、制服やメイド服姿の少女たちが十数人並んでいた。慣れたメークの子やモデルのようにあか抜けた子もいれば、小柄であどけない雰囲気の子、純朴そうな子もいた。

 「40分飲み放題です」

 少女が見せてくれたカードには、明るい店内とかわいらしいイラストがちりばめられている。現役高校生か尋ねると「2年でーす」とピース。働き始めたきっかけは「いろいろでーす」と笑顔で答えた。

 JKビジネス店の形態は、男性客に個室でマッサージする「JKリフレ」から、デートや観光案内の「JKお散歩」、会話を楽しむ「JKコミュ」、接客する「JKカフェ」など、表向きは卑猥(ひわい)な色を薄めている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「始めた理由?いろいろでーす」JKビジネス跋扈 “普通の女子高生”が入り込む理由

関連ニュース

合い言葉は「チラっしゃいませ」…警視庁摘発、現役女子高生「パンチラ商法」に客が群がる“世も末”

「ニュース」のランキング