産経ニュース

「ドローン」テロ警戒せよ! 法的規制ないもろ刃の“翼” 国内に数千機…警察当局がリスク分析へ

ニュース 事件

記事詳細

更新


「ドローン」テロ警戒せよ! 法的規制ないもろ刃の“翼” 国内に数千機…警察当局がリスク分析へ

3月の警視庁機動隊新隊員訓練で公開されたドローン。災害現場などで威力を発揮するが、テロへの悪用なども懸念されている=東京都江東区(大西正純撮影)

 活用が広がっている小型の無人飛行機「ドローン」をめぐり、警察当局が想定されるリスク分析などの検討を始めたことが20日、分かった。海外では不審なドローンの飛行が相次ぐなど、テロへの悪用なども懸念されている。飛行を規制する法は整備されていない中、一般ユーザー向けドローンも発売。利用者の爆発的な増加も見込まれており、危険な事態の洗い出しや、対処策の検討などを進める方針だ。

 捜査関係者によると、想定されるのは、危険物を積んだ無人のドローンが重要施設に突入したり、要人の動向などを監視したりするケース。こうした事態を未然に防ぎ、不審なドローンを「排除」する具体的な手法などを検討する。

 国内では警視庁が3月、災害対策で配備したドローンを初公開。2020年の東京五輪に向けて、警備面などでの活用も見据える。今後は全国の警察で配備が検討されるのと並行して、ドローンがもたらすリスク分析も行う。

「ニュース」のランキング