産経ニュース

皇居や警視庁の地図表示が改竄 グーグルマップで被害

ニュース 事件

記事詳細

更新


皇居や警視庁の地図表示が改竄 グーグルマップで被害

 インターネット検索大手の「グーグル」が提供する地図サービス「グーグルマップ」の表記が一時、改竄(かいざん)されていたことが20日、分かった。すでに修正されている。

 被害は20日夕に確認され、皇居内の建物に「オウム真理教皇居支部道場」と表示されたり、警視庁本部には「恒心教警視庁サティアン」と表示される状態になっていた。

 広島市の原爆ドームには「核実験場」と表示され、大阪城や兵庫県姫路市の姫路城、島根県出雲市の出雲大社でも「サティアン」と表示されている施設が確認された。グーグルは、悪質ないたずらとみて順次削除している。

 グーグルの担当者は「ユーザーから提供された地図に表記の間違いなどがあった場合、削除するなどの対応をしている。(今回のような書き込みを)防ぐシステムを用意しており、その改善に努めている」としている。

「ニュース」のランキング