産経ニュース

都電荒川線で架線トラブル、一時運転見合わせ 電線接触か

ニュース 事件

記事詳細

更新


都電荒川線で架線トラブル、一時運転見合わせ 電線接触か

 20日午後1時20分ごろ、東京都北区堀船の梶原交差点内で、三ノ輪橋発早稲田行きの都電荒川線の運転手が、架線を支える補助ケーブルが損傷しているのを発見。補修のため、午後2時15分から約1時間にわたり全線の運転を見合わせた。計34本が運休となり、約1200人に影響した。

 都交通局によると、損傷したのは車両に電力を供給する架線を支えるため、上部に張り巡らせた「吊架線」と呼ばれる金属製のケーブル。都の施設とは無関係の電線のようなものが接触し、切れそうになっていたという。接触したのは通信ケーブルなどの可能性もあり、都で所有者を探している。

「ニュース」のランキング