産経ニュース

弁護士を強要未遂罪で起訴 被害届の取り下げ迫る

ニュース 事件

記事詳細

更新


弁護士を強要未遂罪で起訴 被害届の取り下げ迫る

 弁護を担当している傷害事件の被害者に被害届を取り下げるよう強要しようとしたとして、東京地検は31日、強要未遂罪で弁護士、棚谷康之容疑者(52)=、東京都豊島区=を起訴した。地検は、被害者の母親に対する強要未遂と証人威迫の容疑については不起訴処分とした。処罰価値が低いと判断したとみられる。

 起訴状などによると、棚谷被告は昨年9月18日、傷害事件の被害者の20代女性に「公開の法廷で証言させられる。そうなると学校や東京にいられなくなる。被害届を取り下げた方がいい」などと書かれたはがきを送ったとしている。

「ニュース」のランキング