産経ニュース

【戦後70年~大空襲・証言(12)】東京に続いて狙われた大阪「炎の中でも動いた地下鉄、大阪劇場の屋根には焼夷弾が吸い込まれ…」高塚宏一さん(74)=東京都小金井市在住

ニュース 事件

記事詳細

更新

【戦後70年~大空襲・証言(12)】
東京に続いて狙われた大阪「炎の中でも動いた地下鉄、大阪劇場の屋根には焼夷弾が吸い込まれ…」高塚宏一さん(74)=東京都小金井市在住

大阪大空襲や戦時中の思い出について語る、高塚宏一さん=東京都千代田区(石井那納子撮影)

 東京の下町が焼かれた大空襲からわずか数日後の昭和20年3月13日深夜から14日にかけて、B29は大阪でも容赦なく大規模な空襲を行いました。大人の中には「東京の次は大阪だろう」という人も多くて、ある程度の心構えをしていた人もいたと思いますよ。ただ、私は当時まだ4歳でしたから、東京大空襲のことなど知るはずもなく、ただ恐ろしくて泣くばかりでした。

 大阪市南区(現中央区)の日本橋に住んでいました。自宅前の幅の広い道路には市電が走っていて、近くには生國魂神社やデパートがあったことを覚えているよ。難波の千日前も歩いて行ける距離だったね。

 もともとわが家は米穀店だったのだけど、私が物心ついたころには精米機など米穀店を彷彿させるものはほとんど置いてなかったね。食糧公団に勤めてた父も昭和19年の冬ごろ召集令状が届いて出征してしまった。それからは、父方の祖父母と母、妹との4人暮らしでした。

 3月13日深夜、空襲警報が鳴り始めると、母は妹と私を近くの防空壕(ごう)に連れていきました。いつ空襲警報が出ても逃げられるように、普段着のまま寝ることが習慣になっていたから、あとは防空頭巾をかぶるだけで準備に時間はかからなかったね。寝るときは寝間着を着るってことは、終戦後になって知ったよ。

「ニュース」のランキング