産経ニュース

【戦後70年~大空襲・証言(10)】焼き尽くされ、人の気配も生活音もなし「上野から、建物で遮られていた東京湾が見えた」平井道信さん(79)=群馬県板倉町在住

ニュース 事件

記事詳細

更新

【戦後70年~大空襲・証言(10)】
焼き尽くされ、人の気配も生活音もなし「上野から、建物で遮られていた東京湾が見えた」平井道信さん(79)=群馬県板倉町在住

空襲の記憶を語る、平井道信さん=2月3日、群馬県板倉町(石井那納子撮影)

 もともとは東京都下谷区(現台東区)の根岸あたりに両親、祖母、弟と暮らしていました。その家は昭和19年冬ごろの空襲で焼け出されてしまって、徳川将軍家の菩提寺(ぼだいじ)で有名な寛永寺に近い上野桜木の借家に引っ越し、そこで3月10日の下町大空襲を迎えました。当時は9歳でした。

 やはり空襲警報が鳴ると緊張はしますよ。ただね、あまりにも空襲に慣れてしまっていたので、冷静に防空頭巾をかぶり逃げる準備を始めました。上野の高台からは、浅草方面の空にB29が無数舞っていて、地面近くが赤々と燃える様子が見えました。

 判断力もさえていました。B29の多さからして、隣組との共同の防空壕(ごう)は簡素すぎて身を守れないと直感で思ったんだ。

 自宅から1キロ弱のところに上野動物園があり、その裏手に、近隣住民が共同で大きな防空壕を作っていました。奥行きが長くてね、50メートルくらいあったと思います。不忍池のふちのほうまで続いていたと記憶しています。そこなら大丈夫だろうと思って逃げ込みました。

 上野、谷中あたりは古い寺が多くて、そうした寺の中には陸軍が拠点としていたところもあったけど、そうした寺からも年若い兵隊さんが逃げてきていましたよ。焼夷(しょうい)弾や爆弾の音が聞こえてくるでしょう。みんな防空壕の中で息を潜めて、早く空襲が終われと念じていたんだ。頑強な防空壕のおかげで私は一命をとりとめました。

このニュースの写真

  • 焼き尽くされ、人の気配も生活音もなし「上野から、建物で遮られていた東京湾が見えた」平井道信さん(79)=群馬県板倉町在住

「ニュース」のランキング