産経ニュース

【東日本大震災4年】お食い初めの日に津波に流された夫…宮城・七ケ浜町の佐藤貴子さん「子供の前で涙見せない」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東日本大震災4年】
お食い初めの日に津波に流された夫…宮城・七ケ浜町の佐藤貴子さん「子供の前で涙見せない」

 「ねえ、お父さん。あなたのいとしい、いとしい子供たちは、こんなに大きくなりました」。空の上の夫に語りかける言葉は、少し震えていた。でも、幼い2人の子供の前で涙は見せたくない。悲しみを抱えながらも元気に振る舞う長女、地震のたびに布団や机に隠れる長男…。「2人を育てていかなきゃいけないのに、泣いていられない」。そう誓ったからだ。東日本大震災の津波で夫を亡くした佐藤貴子さん(34)は11日、宮城県七ケ浜町の追悼式で遺族代表として挨拶に立ち、祈りをささげた。

 4年前の3月11日は、家族にとってうれしい記念日になるはずだった。前年11月に生まれた長男、丈留(たける)君(4)のお食い初めの日で、夜には仕事から戻った夫の秀行さん=当時(32)、長女の風花(ふうか)ちゃん(9)と家族4人で赤飯などのごちそうを囲むことになっていた。

 「行ってらっしゃい」「行ってきます」。朝、仕事に出る夫を送り出した。いつもと同じ朝、同じ会話。それが最後になった。

「ニュース」のランキング