産経ニュース

【日本の議論】日本検察が驚いた「日韓検察サッカー大会」韓国側のド派手熱狂ぶり…贅沢すぎる、背景に韓国「検察特権意識」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【日本の議論】
日本検察が驚いた「日韓検察サッカー大会」韓国側のド派手熱狂ぶり…贅沢すぎる、背景に韓国「検察特権意識」

 東京基督教大学の西岡力教授(58)=日韓関係=は「韓国で検察官は社会的地位が高く、いわゆる権力エリート。国会議員になったり、首相側近に採用されたりするなど政治と極めて近い関係にある」と解説する。

来年は日韓国交正常化50周年なのに…

 韓国の検察といえば今年10月、朴槿恵(パク・クネ)大統領に関するコラムをめぐり、情報通信網法における名誉毀損(きそん)で産経新聞前ソウル支局長を在宅起訴した。この問題で韓国検察は日本政府から「極めて遺憾」と非難されたほか、「報道の自由」に対する侵害として海外メディアなどからも批判が集中している。

 この問題だけでなく、日韓関係は近年、韓国が不法占拠する竹島(島根県)の問題や慰安婦などの歴史認識問題をめぐり、急激に悪化。そんな渦中にあって、来年のサッカー大会の開催も危ぶまれている。順番通りであれば、ソウルで今年開催されるはずだったが、韓国で4月に起きた旅客船セウォル号の沈没事故を受けて延期されていた。

 過去には、平成23年に東日本大震災が発生した際にも延期された。この年、韓国検察から多額の義援金が届けられたといい、双方の友情は深まりつつあった。

 来年は日韓国交正常化50周年の節目の年でもある。日本の検察幹部からは「来年は節目の年だけに記念大会として開催したいが、そんな雰囲気でもないし…」との声も上がっている。

「ニュース」のランキング