産経ニュース

元日経新聞次長に有罪判決 覚醒剤所持 東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


元日経新聞次長に有罪判決 覚醒剤所持 東京地裁

 自宅で覚醒剤を所持したなどとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた元日本経済新聞社文化事業部次長、佐藤孝之被告(46)=懲戒解雇=の初公判が9日、東京地裁で開かれた。佐藤被告は起訴内容を認めて即日結審し、鈴木秀行裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 判決によると、佐藤被告は今年11月に神奈川県内の自宅で覚醒剤約0・37グラムを所持したほか、1月には郵便で届いた荷物を覚醒剤と認識しながら受け取った。

 同社は今月2日に佐藤被告を懲戒解雇にした。

「ニュース」のランキング