産経ニュース

満月マン、先月下旬から活動休止 脱税疑惑の浮上後

ニュース 事件

記事詳細

更新


満月マン、先月下旬から活動休止 脱税疑惑の浮上後

複数人物が交代で

 路上で清掃するキャラクター「満月マン」として活動していた通信販売会社の元社長。「正義のヒーローでありたい」と短文投稿サイト「ツイッター」に書き込んでいた。満月マンの着ぐるみは複数の人物が交代で着ていたというが、脱税疑惑が浮上した9月下旬、活動は休止された。

 「まさか、この年でこんな格好をするとは夢にも思っていなかった」。元社長は、産経新聞が9月上旬に取材した際、記者の目の前で頭のかぶり物を外し、こう切り出した。本名を尋ねると、記者のノートに元社長の本名を記し、「ある人から助言され、満月マンを始めた」と話した。

 元社長は昨年10月、「世の中のために」と着ぐるみ姿で活動を開始。ツイッターに「正義のヒーローでありたい」「美しい地球、平和な世の中にする為(ため)に誕生」などと書いた。最近は数十人の賛同者と日本橋の路上などで清掃活動に励み、産経新聞(東京・多摩版)など複数のメディアに取り上げられるほど“ご当地名物”になっていた。

 しかし、元社長に脱税疑惑が浮上した9月下旬に活動を休止。満月マンを運営しているとする団体からは産経新聞に文書が届き、正体は実業家でヒップホップミュージシャンのTOMORO氏(27)だと明らかにした。TOMORO氏は今月に入って取材に応じ「満月マンには仲間と交代で入り、元社長も結構入っていたと思う」と、元社長も満月マンの正体の一人だと認めた。ただ「発起人は自分で、満月マンはあくまで自分」と主張している。

「ニュース」のランキング