産経ニュース

【御嶽山噴火1週間】亡くなった方々、それぞれの素顔

ニュース 事件

記事詳細

更新

【御嶽山噴火1週間】
亡くなった方々、それぞれの素顔

家族を愛し、自然を愛し 「優しい子」思い出残し

 御嶽山(おんたけさん)の噴火で、3日までに死亡が確認され、身元が特定された47人。大学進学を目指す女子高生や、責任感の強い会社員、おしどり夫婦、スポーツ好きな親子-。鮮やかに色付く山の魅力を求め、山頂に集まってきた人々の命を、山は奪っていった。

 【埼玉県】

 □さいたま市桜区、会社員、金子健太さん(26)

 埼玉県にある損保ジャパン日本興亜の事務所で勤務。新聞の集金をしていたという女性は「言葉遣いが丁寧な優しい子で、よく世間話をしてくれた」。

 【東京都】

 □中央区、会社員、上方(かみかた)麻衣さん(31)

 生命保険会社の子会社で勤務。明るい性格の行動派で、今回は2回目の登山だった。

 □豊島区、会社員、堀口英樹さん(37)

 生保子会社で同僚の上方麻衣さんらと3人で登っていた

 □大田区、会社員、高田紗妃(さき)さん(29)

 控えめな性格の「山ガール」。登った山の写真や満喫している様子をフェイスブックに投稿した。

 □西東京市、公務員、山上陽子さん(35)

 東京都府中市の職員で、市民農園の管理運営などを担当。畑の状態をいつも気にかけ、上司や同僚からの信頼も厚かった。

 【神奈川県】

 □横浜市港北区、会社員、本多達一(たついち)さん(39)

 リコーの子会社「リコージャパン」に勤務。小さい頃からスキーを楽しみ、最近もアウトドアに出かける姿が見かけられていた。

 □横浜市中区、会社員、近江屋(おうみや)洋さん(26)

 神奈川県厚木市の損保ジャパン日本興亜事務所で、事故対応や調査を担当していた。

 □川崎市麻生区、会社員、高橋秀臣さん(41)

 損保ジャパン日本興亜の社員。単身赴任中で、週末には妻と中学生の息子、小学生の娘が待つ千葉県八千代市に頻繁に帰るなど、子煩悩で知られていた。

 □厚木市、会社員、秋山浩和さん(25)

 近江屋洋さんや高橋秀臣さんの同僚。損保ジャパン日本興亜では、社員9人が御嶽山の登山に来ていた。

 □小田原市、会社員、佐野秋乃さん(36)

 近くの住民によると、両親と3人暮らし。「落ち着いて物静かな“お嬢さん”という雰囲気の、きれいな人だった」。よく家族と出かける姿がみかけられたという。

「ニュース」のランキング