産経ニュース

【金曜討論】『民法に「約款ルール」』 「健全な取引促進に必要」山本健司氏/「消費者契約法で対応を」佐成実氏

ニュース 事件

記事詳細

更新

【金曜討論】
『民法に「約款ルール」』 「健全な取引促進に必要」山本健司氏/「消費者契約法で対応を」佐成実氏

山本健司氏

≪佐成実氏≫

 --民法に約款規定を盛り込むことに反対した理由は

 「すでに消費者契約法や各種業法で規制されている。まずはそれらを充実化することで対応すべきだ。消費者契約法が十分な内容になった後に民法に組み込むなら反対しない」

 --事務局案への評価は

 「民法改正作業のさまざまな分野で事務局が全会一致できる案を提示し調整してきたことには感謝するが、約款については中途半端と言わざるを得ない。新たなトラブルが発生したり、悪徳業者に悪用されたりする可能性がある」

 --新たなトラブルとは

 「ドイツなどでは商品ラベルに書かれた条項まで約款とされるほど幅広く定義しているのに対し、事務局案は非常に狭い。『約款であるかないか』が新たなトラブルとなる。専門家の判断が必要になり、『国民への分かりやすさ』を目指す改正趣旨にも合わない」

 --約款をめぐるトラブルの原因は約款の内容にあると

 「誰も約款を丹念に読んでいないのは明らかだし、それが約款かどうかも注意を払っていないが、実務的にも学説的にも約款の法的有効性に疑問の余地はない。約款の内容になんらかの問題があるときにトラブルが発生する」

 --細かい文字で大量に書かれた約款をすべて読むのは困難。実際に起きているトラブルへの対処は

 「消費者契約法と各種業法が基本だが、業法がない業界や業法で規制がない場合など、さらなる対応が必要なら消費者契約法を中心に具体的なトラブル事例に即して個別対応すべきだ」

このニュースの写真

  • 『民法に「約款ルール」』 「健全な取引促進に必要」山本健司氏/「消費者契約法で対応を」佐成実氏

「ニュース」のランキング