産経ニュース

【衝撃事件の核心】誰も女児を救えなかったのか… 東京・渋谷の生後3カ月女児虐待死事件 「苦しむのがエクスタシー」少女Aの異常な心境

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
誰も女児を救えなかったのか… 東京・渋谷の生後3カ月女児虐待死事件 「苦しむのがエクスタシー」少女Aの異常な心境

 だが、女児の首にはひもで絞められたような痕があり、司法解剖の結果、窒息死の可能性が高いと判明。2人の説明も間もなく嘘だったことが分かる。

 実際にBが帰宅したのは同7時ごろ。2人は異変に気付いてから約3時間、救急車を呼ばなかった。この間に2人が取った行動は証拠隠滅だった。女児の口をふさいで失神させた様子を写した写真を近くのコンビニ店に遺棄。部屋の借り主に説得され、ようやく119番通報した。

 コンビニ店からの通報で捨てられていた写真が見つかり、2人は同11月に傷害容疑で警視庁少年事件課に逮捕され、いずれも少年院に送られた。さらに、女児の死から10カ月近くたった今年8月、殺人容疑でAが逮捕された。Aは「殺すようなことはしていない」と一貫して容疑を否認しているという。

JKリフレの部屋で同居、母親はデリヘル…「育児には最悪の環境」

 AとB、母親は、この部屋で女児と一緒に4人で暮らしていた。血のつながらない、友人ですらない3人の接点は「JKリフレ」だった。風俗業経営の男性が昨年8月にこの部屋を借り、JKリフレとして営業をしていたのだ。

続きを読む

関連ニュース

「鬼畜」の所業40日間 女子高生コンクリ詰め事件 加害者はもう40代 生かされない教訓

「ニュース」のランキング