産経ニュース

【ASKA被告初公判】「確かめたかった」 ファンらが傍聴券求め、日比谷公園に列

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判】
「確かめたかった」 ファンらが傍聴券求め、日比谷公園に列

 ASKA被告の初公判を傍聴しようと、東京・霞が関の東京地裁に近い日比谷公園には、28日朝から抽選整理券を求める長い列ができた。通常は地裁内で配られるが、この日は同公園内にテントを設置する異例の対応。午前11時の締め切りまでに、わずか21席の一般傍聴席を求めて2646人が詰めかけ、倍率は126倍に上った。

 中学時代からのファンという新潟県柏崎市の会社員、石黒順子さん(35)は、夜行バスで上京し午前5時に並んだ。石黒さんは「なぜ薬物を始めたのかなど、気になることを確かめたかった」と話した。

 東京地裁の傍聴抽選で、倍率が最も高かったのは覚せい剤取締法違反罪に問われた人気女優の初公判(平成21年10月)で約330倍、オウム真理教教祖の松本智津夫死刑囚の初公判(8年4月)は約256倍だった。

「ニュース」のランキング