産経ニュース

【ASKA被告初公判(6)完】栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(6)完】
栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」

 《ASKA被告の薬物使用疑惑が週刊誌で報道されたことをきっかけに、栩内被告と薬物について話すようになったという。弁護人が、その際の栩内被告の反応について尋ねた》

 被告「彼女は全くそういうものに興味を示さないですし、『もしそういうことがあったら二度と使わないで』と言われました」

 弁護人「覚醒剤に対して否定的な立場だったということですか」

 被告「はい」

 《弁護人が、4月に栩内被告が送ったというメールの文面を、ASKA被告に示した。被告は『そんなことをした覚えはない。妄想を膨らませるのはやめてほしい』と返信したという。続いて、裁判官の質問だ》

 裁判官「あなたは先ほど、覚醒剤はやめることができない恐ろしいもの、という趣旨の話をしましたが、やめようとしても我慢できないものなんですか」

 被告「使用した1日後に倦怠(けんたい)感があり、体が動かなくなるくらい眠くなるんです。そうならないように、次のものを吸ってしまう、ということがありました」

 裁判官「(体が)自然な状態に戻るのが待てないんですか」

 被告「待てないこともありました」

 裁判官「それはどうしてなんでしょうか」

 被告「質問が…」

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述
  • 【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

関連トピックス

「ニュース」のランキング