産経ニュース

【ASKA被告初公判(6)完】栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(6)完】
栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」

前のニュース

 (14:25~14:45)

 《覚せい剤取締法違反の罪などに問われた歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)への被告人質問が、東京地裁(植村幹男裁判官)で続く。男性検察官は、ASKA被告に違法薬物を断ち切る決意があるのか、改めて確認した》

 検察官「今後は、薬物とは縁を切るということですか」

 被告「はい」

 《さらに検察官は、ASKA被告とともに逮捕され、同法違反罪に問われた交際相手、栩内(とちない)香澄美被告(37)との関係についても質問。今後の展望を問われたASKA被告は「その前にまだ話さなきゃいけないことが沢山あるので、ここでお話しするのは無理があります」と話すにとどめた》

 検察官「まだ決めていないということですか」

 被告「はい」

 検察官「栩内さんのことについてあなたは本当のことを話していますか」

 被告「しています」

 《ここで再び、男性弁護士が質問に立つ。栩内被告は今年7月の初公判で「(覚醒剤成分が検出された)鑑定が誤っているか、第三者が何らかの方法で私に使用した」と無罪を主張しており、ASKA被告に、当時の薬物の使用状況について確認した》

 弁護人「栩内さんの体に覚醒剤を入れたことはありますか」

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述
  • 【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

関連トピックス

「ニュース」のランキング