産経ニュース

【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(5)】
「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

 《続いて、年配の男性検察官が立ち上がり、質問を続けた》

 検察官「彼女は覚醒剤を入手する手段を持っていましたか」

 被告「彼女には手段がありません」

 検察官「多分ないだろうということですか」

 被告「多分というか、ないはずだということです」

 検察官「あなたにとって栩内被告はどんな人ですか」

 被告「大事な人です」

 検察官「大事で、好きな人ですか」

 被告「はい」

 検察官「あなたからすれば、栩内被告から薬物反応が出たのは信じられないのでは」

 被告「信じられません。特にMDMAが髪の毛から出たことは、まったくもって分かりません」

 《検察官の追及は続いていく》

=(6)に続く

次のニュース

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述

関連トピックス

「ニュース」のランキング