産経ニュース

【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(5)】
「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

 《その後、栩内被告がASKA被告に送ったメールの文面を検察官が被告に見せようとする。と、弁護人が再び異議を唱えた》

 弁護人「被告はすでに経緯を含め、使用態様について答えています」

 裁判官「検察官は動機に疑問があるのですか。被告が理由とする眠気の問題だけではないことを明らかにしたいのですか」

 検察官「被告が本来、どういう理由で使用したのかを聞きたいのです」

 《裁判官の許可を得て検察官はメール文面をASKA被告に見せた。ASKA被告は両手を膝の上に置いたまま目を落とした》

 検察官「これは栩内被告からあなたに宛てて送られたメールですね。『私にしたの、気付いているんだよ。今日も寝られなかった』とあります。あなたが覚醒剤を飲ませたのではないですか」

 被告「いえ、違います」

 検察官「では栩内被告はなぜこのようなメールを送ったのですか」

 被告「(週刊誌が報じた(薬物疑惑の)報道以降、(栩内被告は)敏感になっていました。(私は)『一切やらない』と約束していたので」

 検察官「では、なぜ栩内被告から薬物が出たのですか」

 被告「分かりません。彼女から聞いてください」

 検察官「終わります」

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述

関連トピックス

「ニュース」のランキング