産経ニュース

【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(5)】
「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

 検察官「やめなきゃと思わなかったんですか」

 被告「それができないくらい恐ろしい薬だということです」

 検察官「ちゃんと質問に答えてください。なぜやめなかったのかと聞いています」

 被告「…それができないくらい恐ろしい薬だと」

 検察官「質問に答えてください」

 《検察官の厳しい追及に対し、答えに詰まるASKA被告。裁判官が柔らかな口調で助け舟を出す》

 裁判官「ちょっと質問の趣旨が難しいのでは」

 《検察官は別の質問を始めた。ASKA被告は覚醒剤を使った動機を「眠気を取るため」と説明。しかし検察側は、交際相手だった栩内(とちない)香澄美被告(37)=覚せい剤取締法違反罪(使用)で公判中=に薬物を使用することが動機だったのではないかとみているようだ》

 《起訴内容を全面的に認めたASKA被告に対し、栩内被告は一貫して覚醒剤の使用を否認している。公判でASKA被告の口から栩内被告との関係性などが語られるのかにも注目が集まっている》

 検察官「あなたは栩内被告と交際中にも薬物を使っていたのですね」

 被告「はい」

 検察官「栩内被告との性交渉にMDMAや覚醒剤を使っていたのでは」

 被告「使ってません」

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述

関連トピックス

「ニュース」のランキング