産経ニュース

【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(5)】
「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定

前のニュース

 (14:05~14:25)

 《覚せい剤取締法違反の罪などに問われた歌手のASKA(本名・宮崎重明)被告(56)の28日の初公判(植村幹男裁判官)。ASKA被告の被告人質問が続いている》

 弁護人「将来、音楽活動はどうしますか」

 被告「今は何も考えられません。主治医の指導を受けて、とにかく治療に集中することが大事だと思っています」

 弁護人「あなたを信頼していた周りの人やファンに対して、どう思いますか」

 被告「大変申し訳なく思っています」

 《ASKA被告は低い声でぼそぼそとつぶやくように質問に答える》

 《続いて若い検察官が立ち上がった。検察側の被告人質問が始まる》

 検察官「自宅から薬物とともに検査キットが見つかっています。あえてキットを使ったのはなぜですか」

 被告「キットを使った直後に(薬物を)使えば、(一定期間を空けた後の次の検査時に)反応が出ないと思ったからです」

 《最初は睡眠導入剤を過剰摂取するなどしていたASKA被告。妻はその様子をみて心配し、医師に相談するなどしていた》

 検察官「(薬物中毒を)みんな心配しているのに」

 被告「そうです」

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述

関連トピックス

「ニュース」のランキング