産経ニュース

【ASKA被告初公判(2)】覚醒剤使用の1時間後にMDMA 押収薬物見せられ「はい。間違いありません」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(2)】
覚醒剤使用の1時間後にMDMA 押収薬物見せられ「はい。間違いありません」

 《最近はヒット曲に恵まれなかったASKA被告だったが、逮捕後には、往年のヒット曲が再び注目を浴びた。だが…。事務所からは契約を解除され、ファンクラブは休止。CDの販売も止められた》

 《転落したASKA被告は保釈された直後、弁護士を通じ「おわびの言葉」を発表した。「同じ過ちをしないと決意します」。そう記していた》

 《ただ、ASKA被告の自宅からは、MDMA約90錠や薬物の検査キットも押収され、重度の依存状態だった可能性が高い》

 《保釈後、入院して医師から薬物を断つ指導を受けているというが、多くが再び手を染める可能性が高い薬物。ASKA被告は決意通りに断てるのか。法廷で読み上げられる妻の心境に、ASKA被告はじっと耳を傾け続けた》

次のニュース

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述
  • 【ASKA被告初公判(6)完】栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」
  • 【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定
  • 【ASKA被告初公判(4)】家族に嘘をつき続けたASKA被告 覚醒剤「我慢できない恐ろしい薬」
  • 【ASKA被告初公判(3)】覚醒剤使用の理由は「病院の薬が効かなくなったから」

関連トピックス

「ニュース」のランキング