産経ニュース

【ASKA被告初公判(2)】覚醒剤使用の1時間後にMDMA 押収薬物見せられ「はい。間違いありません」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ASKA被告初公判(2)】
覚醒剤使用の1時間後にMDMA 押収薬物見せられ「はい。間違いありません」

 検察官「薬物検査も実施し、陽性反応が出ましたが本人(ASKA被告)はその結果に『検査器具の不具合だ』としたのが、その証言内容です」

 《続いて、検察官は押収した薬物やMDMAなどをASKA被告に確認してもらう。裁判官に促され、ASKA被告は再び証言台の前に立つ》

 《次々と示される覚醒剤やMDMAに、ASKA被告は、一つ一つじっくりと確認し、短く『はい』と答えていく》

 検察官「これらの覚醒剤やMDMAは被告人のもので間違いありませんか」

 ASKA被告「はい。間違いありません」

 《法廷にASKA被告のか細い声が響く。検察官は続いて捜査段階での供述証拠の内容を法廷で示していく》

 検察官「覚醒剤は1袋30万円で氏名不詳の者から購入した。平成25年11月以前の1年間は覚醒剤を使っていない時期があった」

 「5月16日未明、自宅で覚醒剤をガラスパイプで使用し、その1時間後にMDMAを飲み物と一緒に飲み込んだ」

 《検察官は薬物使用の実態を明らかにしていく》

 検察官「MDMAは数年前に六本木のクラブで外国人からもらって使って以降は、最近まで使っていなかった」

 《ただ、3月に100錠50万円で購入。1回当たり1・5錠飲んでいたという》

続きを読む

ASKA被告法廷ライブのニュース

ASKA被告法廷ライブの写真

  • 【ASKA被告初公判】「ファンの信頼裏切ってしまった」「自分も偽っていた」被告の最終意見陳述
  • 【ASKA被告初公判(6)完】栩内被告との今後は…「ここで話すのは無理」 ファンに謝罪「信頼裏切った」
  • 【ASKA被告初公判(5)】「そんな卑怯なマネしない」声荒らげ、栩内被告との使用を否定
  • 【ASKA被告初公判(4)】家族に嘘をつき続けたASKA被告 覚醒剤「我慢できない恐ろしい薬」
  • 【ASKA被告初公判(3)】覚醒剤使用の理由は「病院の薬が効かなくなったから」

関連トピックス

「ニュース」のランキング